72の季節

お問い合わせ

News

Event

Concept

工事メニュー

case

voice

landscapeからのご提案

  • 収穫のある庭
  • 古材でDIY
  • 週末キッチン

Column

72の季節

STAFF

Flow

Landscape Kinoya

ランドスケープ季の屋

〒481-0045
愛知県北名古屋市中之郷南72
FREE:0120-97-6685
TEL:0568-27-9533
FAX:0568-22-9911

■設計室
愛知県北名古屋市中之郷67

> 会社概要 > アクセス

facebook

2016/02/24 | 潤

 

霞始めて靆く(かすみはじめてたなびく)


2/24〜29頃。


春の雨に土が潤うと、次は大気の番。


空気中の水気が増し山野に霞がたちこめ、
 

景色がぼんやりとよく見えない日も。


沈丁花(じんちょうげ)のつぼみがほころんで


良い香りを放つ。

 

春の星座の北極星、北斗七星。


我が国では昔から太陽、月、星の運行を


神秘的なものとして崇めてきた「妙見信仰」(みょうけんしんこう)があった。


北の空に動かぬ北極星は、昔から旅人の目印とされてきたことから


人生の指針を見守る大切な星だったと。


ココロに迷いがある時は夜空を見上げて


力を頂きたい。

 

 

 

少しづつ春の兆しが見え始めたが


まだまだ寒い今日この頃。


朝起きた時、喉が痛く唇がガサガサになっている。


空気がカラカラに乾いて、少し水を飲んでも治らない。


こんな嫌な目覚めで始まり、風邪ひいたのか?と


慌ててマスクをするがもうすでに手遅れの時も。


空気が乾くと流行りだすのが冬の病気、

 

風邪・インフルエンザ。


39℃以上もの高熱が続き、全身の倦怠感と頭痛に


襲われたりとあの症状は辛い、味わいたくない。


また、仕事場にはしばらく行けなくなる。


業務が停滞して周りの人に迷惑をかけ、


復帰後には、たまった宿題を一度にこなさなくてはならない。


一週間も休んでしまった時には、怖くて怖くて会社に行けない。


皆の軽蔑するかのような鋭くそして冷たい視線、きつい。


サザエさん症候群なんか目じゃない。

 

考えただけでも怖い、一難去ってまた一難。


やはり何とか病気にかからず冬を乗り切りたいと思う。


特にインフルエンザ。

 

これはウイルスの仕業だ。


彼らは、寒い時期にいつもやってくる。そして普段あまり意識してない


乾いた時に活発になるとのこと。


そう、乾燥。

 

寒いので暖房をガンガンにたく。


部屋の温度は上がるが湿度は下がる。

つまり、空気が乾燥していく。室温は上がって快適になるが


今一つ気に留めないのが湿度。


暖房を25℃ぐらいに効かせた部屋の湿度はなんと10%ほどという。


これはまずい。知らず知らずのうちに


ウイルスたちの環境を整えてしまっている。


暖房のおかげで温かくなり着ていた上着も一枚脱いで仕事に励むが


湿度が低くなり、動きが鈍くなっていた彼らが次第に歩いたり、走り回ったり


時には宙に舞う者も出てきたりと。


祭りの準備をするように楽しんでいるかもしれない。


このままでは彼らの楽園を築きあげてしまう。


そして何万といるウイルス、我々は平気で口と鼻から吸い込んでいる。


そんな悪いウイルスが体内に入って悪さすると

 

考えるとゾッとする。

 

乾燥で喉の粘膜も弱ってバリアの機能も果たせない。


うーむ、このままでは風邪やインフルエンザを拗らせてしまう。


彼らの弱点は水分。


じゃあ、加湿器などで湿度をあげよう。


加湿器がなければ濡れタオルを干したり、


霧吹きを使ってシュッシュとやっても良い。


厚生省は湿度を50〜60%にすると良いと呼びかけてくれてる。


このぐらい湿度があればウイルスの生存率は数%にまでなるとのこと。


ほう、湿度が非常に大事ということか。


マスクの役割も、フィルターというよりも

 

喉を潤すためのもの、口内の湿度を満足させるものらしい。


やはり手洗いとうがいを習慣づけることが望ましい。


そしてバランスのとれた食事と運動で体力をつけ、


決してネガティブにならない強いココロを養う。


心身一如という言葉がある。

 

やはり病は気からと言われるよう、


ココロとカラダは一体。


新しい季節に向けて体を整えていくために


ココロとカラダにも潤いを持たせたいものだ。

 

 

 

〜二月のご挨拶〜


梅の花がちらほらと咲き始め、


ゆっくりと春めいて参りました。


日足も少しづつ伸びはじめてきましたが、


皆さま風邪など召されず


お過ごしでしょうか。

 

一覧へ

  • 次へ
  • 前へ

お気軽にどうぞ!

お問い合わせ