72の季節

お問い合わせ

News

Event

Concept

工事メニュー

case

voice

landscapeからのご提案

  • 収穫のある庭
  • 古材でDIY
  • 週末キッチン

Column

72の季節

STAFF

Flow

Landscape Kinoya

ランドスケープ季の屋

〒481-0045
愛知県北名古屋市中之郷南72
FREE:0120-97-6685
TEL:0568-27-9533
FAX:0568-22-9911

■設計室
愛知県北名古屋市中之郷67

> 会社概要 > アクセス

facebook

2016/03/20 | 水やり3年!?

 

二十四節気の第四節気“春分の日”3/21


春のお彼岸のちょうど真ん中にあたり、


一年で昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。


この日以降昼が徐々に長くなり、


夜は短くなっていく。


「自然をたたえ、生物をいつくしむ日。」

 

 

雀始めて巣くう(すずめはじめてすくう)


3/20〜24頃。


すずめが巣を作り始める頃という意。


日ごとに強くなる日差しを肌に感じ、


蜃気楼の“逃げ水”がアスファルトにあらわれはじめる頃。

 

 

逃げ水、舗装面に水たまりが見えるが近づいても近づいても


その水たまりが逃げていく。


またその辺りまで近づくがまた逃げられられる。


不思議な現象だ。


あたたかくなってきた証拠だ。


そろそろ、庭の植物も芽と根を動かし水を欲しがる季節になってきた。


庭シゴトで基本中の基本の「水やり」、


これは非常に奥深いし難しい。


庭に植えられた植木で定着して何年も経っていれば


特に水やりの必要はないが、温暖化の影響か


異常気象で雨が降り続かない時もある。


樹木は、地中に張り巡らした根っこから


水をくみ取っている。


だが、水がないと当然水切れになり枯れてしまう。


水切れのサインは、枝の先端の葉がしおれている様。


人間でいうと元気がない時に肩を落としている時の様子と似ている。


こんな時は、非常にマズい。

 

緊急事態。


すかさずホースで株もとにたっぷりと水をやる。


それから株もとの周りの土をよく濡らすことが賢明だ。


慌てて水をあげてもすぐにしおれた葉が凛とするまで時間がかかる。


根から吸い上げ頭頂部や枝の先端まで水がいきわたるまで


一晩かかることもある。


水切れのよくあるケースとして2つある。


一つは、鉢植えの植物。もう一つは地に植えてから2〜3年未満の樹木だ。


この二つは特に気をつけなければならない。


まず、鉢植えの植物。


植木鉢は見たままの通り


容積が限られている。鉢の容積分しか水を供給できないからだ。


だから鉢の中の水がなくなれば当然植物も


水がもらえないと肩を落とす。


もう一つの庭に植えてから間もない植物は、


こちらも植木鉢と同様、根が限られているから


注意が必要。植物の根っこは、太い根から細い根が


無数に生えている。この根を切って麻布でグルグル巻いて


造園時に植えられる。当然根が定着している植物に比べ


根が少なくなる。


つまり土に植わっても株もと周辺の水を拾おうとしても届かない。


だから水切れが起きやすい。


じゃあ、水を絶えずやり続ければ良いかと言ったら


そうでもない。


やり過ぎた結果、水がはけることなく


水が土の中に溜まって水が腐る。


そして根腐れに。。。


樹木を湯船に入れているのと同じになって


空気も通うこともなく、そして水が入れ替わることもなく


根腐れを迎えてしまう。


大事なのは、与えた水がなくなって新しい水に入れ替わることで


腐敗菌を発生させないこと。


また、空気を通わせて根っこに息をさせる。


つまり、水やりは


土の乾き具合をよく観察することが大切ということだ。


乾いていれば「水を欲しがっているかも」と気にかけ


土を触ったり、指をさして乾き具合を確認する。


それから、たっぷり水をやったからと


安心していると風の強い日に


根の浅い草花や下草類が水切れを起こすこともある。


このようなことから水やりは、週に何回という決まりはない。


植えた環境も違えば植物の大きさも違う。


何れにせよ、状況に応じて水やりの感覚を


自ら編み出すしかないと言える。


昔から「水やり3年」と言われてきているが


未だ僕は勉強中。ガーデン歴15年経つのに。

 

一覧へ

  • 次へ
  • 前へ

お気軽にどうぞ!

お問い合わせ