72の季節

お問い合わせ

News

Event

Concept

工事メニュー

case

voice

landscapeからのご提案

  • 収穫のある庭
  • 古材でDIY
  • 週末キッチン

Column

72の季節

STAFF

Flow

Landscape Kinoya

ランドスケープ季の屋

〒481-0045
愛知県北名古屋市中之郷南72
FREE:0120-97-6685
TEL:0568-27-9533
FAX:0568-22-9911

■設計室
愛知県北名古屋市中之郷67

> 会社概要 > アクセス

facebook

2016/05/10 | 必殺仕事人

 

蚯蚓出づる(みみずいづる)


5/10〜5/14頃。

 



土の中で休眠していたミミズが地上ににょろにょろと


這い出て活動を始める。


それにつれ、土もホクホクしてくる。


植物がグングン伸びる時期に土を豊かにしてくれるので


種をまいたり、苗を植えたりと


土シゴトに最適な頃。

 



土を起こす、ミミズが出る。


また土を起こす、またミミズが出る。


他のところを掘り起こす、やっぱりミミズが出る。


小さなミミズから大きなミミズまで。


ミミズがいる庭の土は良質である。


なぜなら、ミミズが土シゴトに熱心だからだ。


ミミズのシゴト①


まず、年中土の中にいるミミズは土の中を


掘りながら動く。そうすると土の中にトンネルが出来る。


利点としては、土が柔らかくなる。空気が通う。


よって、好気性の微生物の活発になり


また植物の根っこが伸びやすく


空気が通う事から根腐れにならない。


ミミズのシゴト②


有機物の分解をし、ミミズの糞尿に含まれる窒素などの養分が


少しづつ水に溶け、植物が取り込みやすい状態で


長期にわたって栄養分を供給する。


ミミズのシゴト③


穴を掘って地表に団粒状の糞を地表にし、


土壌を耕耘(こううん)する。


この時、地表の有機物と土中の無機物が反転される。


その上保水性かつ排水性と優れた土壌になり


植物の育ちやすい環境に整える。


すなわち、『循環』というものだ。


例えば簡単に言うと、木の葉が落ちる。


それが有機物である。


ミミズが動くことによって有機物が土中に入り込む。


そしてその有機物を分解する。


すると地表の穴の付近には糞塚(ふんづか)が出来上がり


その糞の中には植物に大切な栄養分である無機物が含まれる。


それで植物が元気よく育つということだ。


これぞ生物による循環だ。


うーん、素晴らしい!


よく無機物の栄養剤が市販されているが


花壇や畑に施用はオススメしない。

 

商品にケチをつける訳ではないが


液肥や固形の肥料はサプリメント程度に考えたい。


土の構造は柔らかくフカフカの団粒構造にすると


植物の根も張りやすく、ミミズも動きやすい。


確かに悪い例で考えてみると


スコップが入らない粘質土の中にはミミズがいない。


逆にスコップは入るがサラサラの砂質土の中にもミミズはいない。


このようなところでは、植物は上手く育てれない。


つまり、土の中にミミズが


いるいないが


一つの良質土を測るバロメーターでもあると思う。


従って肥料としては、土壌の構造も考慮すると


液肥や固形の化成肥料より有機肥料が望ましい。


液肥や固形の肥料ばかりでは、土がフカフカにならない。


やはり、植物の成長の最大のカギは土壌の環境を整えること。


ミミズを増やしたいのであれば


有機物であるバークを土と混ぜる。またはモミ殻なども良い。


有機物を増やせば、自ずとミミズも増えていく。


また、我が社ではミミズコンポスターのボックスがある。


これがまた非常に良い肥料庫になっている。


サイズは1200×600×600で、そこそこ大きい。


この中にお庭で手入れをした枝葉や雑草、植え替えで


不要になった根っこ混じりの土を入れている。


そして、その中にもミミズさんも沢山いる。


当然、ボックスの中でミミズさんは熱心にシゴトをする。


そうして一年後には、ボックス内の分解されたものを


我が社の植栽帯にバラ撒いている。


このボックス、もう一つの方法で肥料を供給してくれる。


それは家庭で不要になった水分の多い生ゴミを入れる方法だ。


ボックスの底には、メッシュのシートになっているため


ボックスの下から液肥が出る。その液肥を水で希釈して


花壇に散布する。


またこれもエコ。


このように


年中、土の中で地味にシゴトをしているミミズさんは


我々ガーデナーにとって友達のような


なくてはならない存在である


容姿は、スマートだが気持ち悪いので嫌われてしまう。。


でも、土の中で見つけた時は捨てないで!


戻してあげて!


きっと、良いシゴトしてくれるよ!

 

一覧へ

  • 次へ
  • 前へ

お気軽にどうぞ!

お問い合わせ