新着情報

お問い合わせ

News

Event

Concept

工事メニュー

case

voice

landscapeからのご提案

  • 収穫のある庭
  • 古材でDIY
  • 週末キッチン

Column

STAFF

Flow

Landscape Kinoya

ランドスケープ季の屋

〒481-0045
愛知県北名古屋市中之郷南72
FREE:0120-97-6685
TEL:0568-27-9533
FAX:0568-22-9911

■設計室
愛知県北名古屋市中之郷67

> 会社概要 > アクセス

facebook

  • HOME
  • >
  • 新着情報

新着情報

2017/11/16
11月18日(土)〜11月19日(日)来て!見て!触れて!楽しんで!秋のガーデン&エクステリア相談会 in LIXILショールーム名古屋平針
2017/10/14・15
丸の内マルシェに出店します♪丸の内マルシェinゑびす祭り
2017/10/09
10/10(火)ママぷら・まるしぇに出店します♪ in 津島本店 1階センターコート
2017/09/27
10/12(木)一宮市木曽川文化会館 ホール前・練習室1・練習室2 ママのママによるママのためのマルシェに出店します♪
2017/09/13
【仲間募集】きのやで一緒に働く元気で明るい仲間募集!
2017/09/13
9/29(金)9/30(土)10/1(日)の3日間 お庭・外構、エクステリア&ガーデンの相談会を行います♪
2017/09/13
9/22(金)ママのママによるママのためのマルシェに出店します♪ IN黒川東中日ハウジングセンター
2017/09/01
イベント マルシェなど、今後の主な活動をお知らせします(^^♪
2017/08/02
夏季休暇のお知らせ 8/11(金)〜8/16(水)お休みを頂きます。
2017/05/25
来て!見て!触れて!楽しんで!春のガーデン&エクステリア相談会 6月17日(土)〜18日(日) in LIXIL名古屋平針ショールーム
2017/04/24
【ゴールデンウィーク休まず営業】 新店舗でお庭の相談会 グリーン販売 北名古屋市中之郷天神128(本店より車で2分)新築外構の方、お庭をリフォームの方お困りごとなどご相談させて頂きます。また、シンボルツリーの足元によく合う植栽を多数取り揃えております♪インテリアで使える観葉植物や多肉、サボテンもございます。
2017/04/20
4/23(土)24(日)お庭相談会とお花販売♪観葉植物、サボテン、多肉植物あります(^^♪シンボルツリーの足元の寄せ植え植栽も多数とりそろえました!
2017/04/17
4/15(土)16(日)とご来店ありがとうございました。種まきのページを作りました♪よろしければ参考にどうぞ(^^)/
2017/04/08
春のお庭の相談会 4/15(土)16(日)と4/22(土)23(日)の4日間開催
2017/03/01
こうしたい!というものがしっかりあったわけではないので提案してもらった物に対してベースに考えながらもっとこう言う感じにできますか?と一緒にお庭の形を作っていくスタイルでしたね。
2017/02/17
(動画)芝焼き!!〜春に向けてリフレッシュ〜 大胆に芝を焼きます、この冬季だからできること。目的は殺菌と余分な種子の排除と燃やした灰(草木灰)から得られるカリウムのサプリメントで芝生がシャキーン!!
2017/02/02
★お客様の声★一番いけないのが終わったら“さようなら”をすること。 スタート台についたのはガーデナーと私なんです。 器具モーターが壊れるかもしれないし、電気設備だってスイッチの位置を変えたくなるかもしれない。 お互いに手を取り合ってやっていかないとね。
2016/12/27
冬期休暇のお知らせ 『今年一年ありがとうございました!12/28(水)〜1/5(木)までお休みを頂きます。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。』
2016/11/18
11/17(木)クリスマスリースづくり 北名古屋市の幼稚園
2016/11/12
11/12(土)11/13(日)は、北名古屋の“きのや”をスタッフが不在にしております。お問い合わせの方は、大変お手数ですがメールにて ご連絡くださいます様、よろしくお願い申し上げます。
2016/10/24
10/22(土)、23(日)名古屋ゑびす祭り in 丸の内マルシェに出店してきました!
2016/10/21
名古屋ゑびす祭り 丸の内マルシェ出店 10/22(土) 23(日) グリーンや雑貨を販売します。
2016/09/01
ハンドメイド雑貨、ステージ、食や癒し、美容。 自分らしい生き方で輝くママたちによる出展が盛りだくさんのイベントです。 北名古屋市文化勤労会館(入場無料)
2016/08/17
何ができる?何をする? 寝転ぶ。 日向ぼっこ。 コーヒーやお茶。 読書。 ペットと遊ぶ。 アウトドアクッキング。 友達と話す。 夜にはディナー。 などなど、たくさん楽しめる。
2016/08/12
親とは、子供にとって勉学と道徳の最大の教育者と考える。 だから、子供が興味を示したことを一緒にチャレンジしながら 不器用でも教えている姿を見てもらい、 時には子供に教えてもらったりと 共に学ぶことで親子の絆が深まると思う。
2016/08/11
8/11(木)〜15(月) お盆休みとさせて頂きます。
2016/08/07
畑シゴトを終えてなのか、手拭いを片手に。 腰の曲がった後ろ姿に風情ある光景だったとは、その時にはわかるはずもない。 何故なら、少年の中でおばあちゃんはおばあちゃんだったからだ。 それぐらいの理解だった。
2016/08/02
そこでこの時季に出向くと、 敷地全体に縦横無尽に雑草が蔓延っている。 いわば草の楽園。 草丈は、自分の背丈より大きく 敷地全体が見通せない。 全貌が、一目では判断し難い。
2016/07/28
そして、バンドでいうベース担当のアブラゼミも 重低音を醸し出すかのように 「ジィジィィ」と唸る。 短い寿命の彼らにとってはこの野外ライブ もしくは夏フェスのために生きているもんだ。
2016/07/22
ところで子供の頃、 部屋の窓際で寝そべって空を眺めたりもしたもんだ。 ボーっとしながら景色を眺めるのだが いつの間にか 良く何かにフォーカスをあて アウトラインを目でなぞっていた。
2016/07/17
そこで目に留まったのが 百貨店のギフト売り場にしか置いていない 高級キットカットだった。 キットカットとなればお子さんなら 誰しも馴染みのあるチョコレートで しかも、スーパーに売ってない高級キットカットと なれば喜ぶこと間違いないだろう。
2016/07/12
お釈迦様が台座として用いられているのでも強い印象がある。 彫像や絵画、仏像などを見ても お釈迦様は蓮の花の上に堂々と座っている。 なぜ、台座は丸く座りやすい葉ではなく花なのか? また台座の花は、茎が伸びていないが睡蓮ではないのか?
2016/07/07
この世には、正義があれば必ず悪が同時に成り立つ。 また、悪がいるからこそ正義が成り立つ。 そうやって考えると我々の身近には色々な 相反するもので構成されている。
2016/07/01
今では、2人の愛娘に日々刺激をもらう身だが それまでは親の気持ちを考えることなんてなかった。 しかし、少しづつではあるが親の気持ちが わかってきたんじゃないかと思う今日この頃。
2016/06/26
ガーデンでは嫌われ者の役に回っているのか? ホームセンターにアリ退治の薬が売られている。 これでアリを撃退するらしい。 しかし、本当はアリは有害ではない。 ただ、大人たちが不快に思って 害虫呼ばわりしているだけだ。
2016/06/21
一方、夏山登山でも 少しづつ、少しづつ歩く。 右足、左足と軽快だったリズムが 道の険しさに連れてゆっくりになる。 さらに、時折大きな木のむき出しになった根っこを 跨ぐため、歩くリズムを狂わせる。
2016/06/21
(動画)先日行った『田植えイベント』H28 6/18(土)19(日) コチラよりどうぞ
2016/06/19
おはようございます!本日田植えイベント決行します!!何とか雨が降りませんように!!
2016/06/16
僕らの外のシゴトは あくまでも天気予報をあてにして 予定を立てる。もう一度言う。 僕らの外のシゴトは 裏切られるかもしれない天気予報をあてにして 予定を立てる。
2016/06/14
きのや ドロンコ田植え 6/18(土)19(日) 田植えに参加される皆様へ。ドロンコ田植えの連絡事項です!クリックすると詳細が表示されます。
2016/06/10
「ほ♪、ほ♪、ホータル来い♪ こっちの水は甘いぞ♪…」 という童謡がある。 水に砂糖を溶かしたらホタルが来るのかと言ったら そうではない。
2016/06/05
刃のつくりは、草を刈るためには作られておらず 刃の先端が土に刺さるだけの目的なので 切れ味は特にない。 そして、何と言っても良いのが 刃のあのカーブ。
2016/05/31
石の性質は多孔質であるから、水中のバクテリアの住処にはもってこいだ。このような表面積の多いモノがバクテリアを増やしていく要素であり生物濾過(せいぶつろか)や科学的に吸着して
2016/05/26
ガーデンでも赤色はやはり一際目立つ。 赤のお花というと“バラ”。 野菜でいうと“トマト”。 果物だと“りんご”。 この3つを見ると僕は興奮する。 いや、興奮するというか嬉しい気分になる。 我々人間以外の生き物はどうだろう。
2016/05/21
百姓ガーデナーの僕でもシルクでできたパジャマを着ていたことがある。 百姓風に言うと寝巻き。 何とも言えない、肌触り。 ツルンとしていて、
2016/05/15
だが、気になることがある。 確かCMでは 「きのこ♪たけのこ♪す〜ぎのこ〜♪ジャンケンポーンでかくれんぼ〜♪」 と歌っていたのを記憶している。 すぎのこ!? あれ!? 3つあるのか!?
2016/05/10
土を起こす、ミミズが出る。 また土を起こす、またミミズが出る。 他のところを掘り起こす、やっぱりミミズが出る。 小さなミミズから大きなミミズまで。 ミミズがいる庭の土は良質である。 なぜなら、ミミズが土シゴトに熱心だからだ。
2016/05/05
ゲコゲコゲコ ゲコゲコゲコ♪ と寒い冬から目覚めたカエル達が合唱する。 きのやの植栽帯には、たくさんのカエル達が潜んでいる。 暖かくなった今日この頃では
2016/04/30
今から四年前の話になるが、 この五葉松で大変なことが起こった。 今でも鮮明に憶えている。 当時、お寺のお庭全体のお手入れを町の造園屋さんがやっていた。 しかし、ある日その造園屋さんがおくり様に
2016/05/02
5/3(火) 4(水) 5(木)とお休みを頂きます。大変お手数ですが、御用の際はメールにてお申し付け下さい。
2016/04/30
4/30(土)今日は快晴。風もなく、穏やかな土曜日。ゴールデンウィーク2日目。きのやファームの様子をアップします。
2016/04/26
非常に簡単にできてしまうこの方法は、農薬に頼らず かつコストもかからないという非常に画期的な方法だ。 だから、もしこの方法がみなさんの役に立つことであれば、僕は幸いだ。
2016/04/25
田植え体験』と題して ドロドロの中裸足で田んぼに入り順番に植えていく。 子どもたちは、キャッキャと声をあげ 夢中になること間違いないだろう。 考えただけで面白そうだ。
2016/04/20
僕の祖父は、戦争で足を負傷した いわゆる傷痍軍人(しょういぐんじん)で、 僕が生まれた時には、すでに片足で器用に歩くおじいちゃんだった。
2016/04/20
H28 aprile spring sale (動画) 4/16(土)17(日)の2日間、お花販売、ガーデン資材販売、ミニサボテン植え体験を行いました。その様子を動画で編集してまとめてみました♪
2016/04/14
誰もが思い描いた夢、雲の上まで タケコプターで飛んでいき フカフカの雲の上で飛び跳ねる。 その雲から架かる虹の橋は 向こう側の大きな雲まで届いている。 小さな子供にクレヨンで絵を描いてもらっても そこには虹が描かれることが多い。
2016/04/09
今じゃ、世間は美容に健康にブームとなっている。 その目的としては、 「キレイになりたい!もしくはカッコよくなりたい!」 というところではないかと思う。 当然だ!非常に太っていては 日常生活がだらしないのではないか?と 思われるこのスマートな時代。
2016/04/04
よく昔から「ツバメが巣を作る家は栄える」と言われている。 これはどうして言われているのだろうか。 過酷な旅からやって来た彼らは、残された使命は子孫繁栄。 最後のミッションだ。 なぜなら、彼らの平均寿命は1.5年ほどだからだ。
2016/03/30
旺盛さと根の深さでは、ガーデナーの頭を悩ませるスギナ。 一度や二度むしっただけでは全くこたえない。 それは地下茎が生命の源だからだろう。 むしってもむしっても次から次にカオを出してくる。 細くて柔らかい茎を指でつまんで 根こそぎ引き抜こうとするが 「プツッ」とすぐちぎれる。
2016/03/25
花見を楽しみにしている我々にとって簡単に計算できてわかりやすくて良い。さて、休眠打破という言葉がある。これは植物が冬の休眠期に低温を一定期間さらされることで発芽する、もしくは休眠から目覚めるというメカニズム。
2016/03/20
水切れのサインは、枝の先端の葉がしおれている様。人間でいうと元気がない時に肩を落としている時の様子と似ている。こんな時は、非常にマズい。緊急事態。すかさずホースで株もとにたっぷりと水をやる。
2016/03/15
樹木で食害を受けるものはないが、葉野菜に卵を産む。菜園をやっていると頭を悩ませる虫だ。だが、視点を変えると蝶の幼虫が発生している野菜は農薬がかかってないということで安心して食べられる。
2016/03/10
通勤・帰宅、営業などで屋外に出る際にはマスクを装備。デスクワークやパソコンに向かっていても目が痒くて、鼻がムズムズしてなかなか集中できない、と何かと大変さを伴う。
2016/03/05
昨今スマートな現代、虫を忌み嫌う人が多くなっている。当たり前だ、見た目が悪い。手足がいくつもある。毛むくじゃら。素早く動く。我々人間を攻撃してくる者もいる。
2016/03/01
大寒、立春を経て厳しい寒さの時期をじっと耐え抜きこの雨水(うすい)の時期に芽吹き出す。このじきに降る雨、木の芽起こし(このめおこし)植物が花を咲かせるため木の芽が膨らむのを手伝う。寒々しい落葉樹、地味な枝にライトグリーンの芽が徐々にふっくらとしてくるのを見て、萌え〜!
2016/02/24
39℃以上もの高熱が続き、全身の倦怠感と頭痛に襲われたりとあの症状は辛い、味わいたくない。また、仕事場にはしばらく行けなくなる。
2016/02/19
花といえば梅、いや今は違う。花といえば桜。花見、春の代名詞の桜。あたたかな柔らかい春の日差しに淡いピンク色の花が万遍無く咲き乱れる。また風が手伝って桜吹雪という技で人々を魅了する。
2016/02/14
芝生も一年通して色々疲れが出ている。先ず、芝刈りで刈り残したカスから病菌が沸く。茎葉(けいよう)を食害してしまうシバツトガの幼虫に土の中に潜伏される。
2016/02/09
今か!と華麗に降下しながら一番色づいた実を的確に捕らえ我が物顔で幾つかの実を占有していた。と気づけば2匹,3匹と群がり次第に減っていく実。僕は、あっけらかんのざま。
2016/02/04
そろそろ温かくなってくる前ガーデナーとして備えておきたいこと、寒肥(かんごえ)。寒肥を施すのは1月〜2月ごろ。芽が動き出す前、寒いうちに肥料をやり土壌になじませておく。
2016/02/03
節分と言えば、豆まき。豆まきですぐ連想してしまうのが、ごつい金棒を持ったしかめ面の鬼。思い出す…、中学時代の鬼教師。何処にでもいただろう鬼教師。竹刀片手にドスの効いた声で威嚇。宿題をやってこなかった生徒を「この怠け者がっ!」と一喝。
2016/01/26
タタミ、い草の香りかぐわしい。…畳の縁(へり)だけを辿って“縁(へり)から踏み外したら負け”という子供特有の即席ルールでゲームを楽しんだものだ。なんなら、ふすまの敷居も踏みまくった。踏んではならない敷居なのに。
2016/01/27
土を知る、〜土の団粒構造を目指して〜…このように施用していくとオーガニック用土と言われる土になる。オーガニック…巷ではこの魅力的な言葉を化粧品や健康、美容と多面に乱用しているように思える。オーガニックとは、有機物とのこと。ただそれだけ。また、有機=無農薬ではない。
2016/01/21
家族団欒とは、…近頃では炬燵(コタツ)を使う家はまだあると思うが、子供も部屋を与えられ、核家族化が進み茶の間が寂しくなった。さらには嗜好品が彩り果物の種類も豊富になりミカンが隅に追いやられているようにも思える。
2016/01/16
寒さで泣く、雉始めて鳴く。
2016/01/11
大正月から小正月、いつもの生活に戻る。
2016/01/06
七草の日、節分までおおよそ30日。
2016/01/01
冬至のユズ湯
2016/01/01
新年のごあいさつ
2015/12/28
冬季休暇のお知らせ
2015/12/22
ホームページをリニューアルしました!

お気軽にどうぞ!

お問い合わせ