おすすめコンテンツ

>2017/04/10

【動画】幹巻きテープ使い方 活用             

一番下の動画をご覧下さい。

 

 

 

なぜ包帯のように幹をグルグル巻くのか?

 

 

きのやにやって来た“ヤブツバキ”。

 

 

植栽時には、根を切ってここにやってきた。

 

 

何年も、他所の畑で育っていたところを

 

 

きのやに引越しするために根っこを切ってやって来た。

 

 

当然、弱る条件である。

 

 

その上、根が短いため土壌との密着性が低く

 

 

幹への水分供給が低い。

 

 

また、ここきのやでは西風が強い日が非常に多く乾燥しがちで

 

 

西日からの日焼けからも守るために幹巻きを施した。

 

 

目的→幹からの水分蒸発 日焼け 幹割れ 冬の霜割れ等

 

 

 

※お客様の植栽時は、根まわし(根切り)をして月日が経っているものを

 

 

施工させて頂いているので、植物が弱っていることはないのでご安心下さい。

 

 

もし、乾燥気味なところや日焼け、弱った老木などがございましたら

 

 

上記の動画を参考にチャレンジしてください。

 

 

幹巻きテープは、ホームセンターで¥500程度で購入できます。

 

 

根が定着して、元気な植物は基本的には必要ございません。

 

 

巻き方は、幹の下から上に巻いていってください。

(雨水がテープとテープの重なったところに入りやすいため)

 

 

また、麻布で出来ている幹巻きテープは

 

 

いずれ腐ります。

 

 

腐るころには幹が太っていて根が定着していることと思います。

一覧へ

  • 次へ
  • 前へ

お問い合わせ